» PRODUCT(製品紹介)

sumiyakickassの木炭

Sumiyakickassの木炭は「におい、けむりが出ない、炎が立たない」BBQ・調理用の木炭です。
食材や衣服等に嫌な臭いも付きませんし、赤外線効果で調理できるので焦がし難く表面はカリッと、中は旨味を逃がさずにしっとりと焼き上げることが出来ます。

原木や製造工程において人工的な物質を混ぜていないので安心安全にご使用でき、囲炉裏や火鉢にご使用して頂いている方も多くいます。 【室内でご使用の際は換気が必要です】

BBQ

「におい、けむりが出ない、炎が立たない」秘密は木炭の製造過程にあります。
木炭は蒸し焼きにし、原木の熱分解により炭素以外の余分な成分(ガス)を全て取り除いて生産します。
炭素(元素記号でC)の塊である木炭を燃やす事は酸素(O2)と結びつく事になります。

C+O2=CO2

つまり木炭をいくら燃やしても二酸化炭素(CO2)しか放出されないのです。
余分なガスは含まれていないので「におい、けむりが出ない、炎が立たない」炭になります。

IMG_1351

Sumiyakickassの木炭は原木に堅い樫(カシ)の木を使う事で、ギリギリまで熱分解を進めても形を崩さずに炭化させる事ができます。
堅い樫の木を原木に使う事と、炎が立たず、しっかりと熾き火(おきび)になる事によってエネルギーの消費を最低限に抑える事で火の持ちが格段に良い炭といえます。

 

遠目の木炭

遠目(とおめ)とは長崎県の大村湾に面する東彼杵(ひがしそのぎ)町の
山林地域にある集落の呼称です。

遠目では、天然林の樫を切り出すところから、
木炭を袋詰めするまですべて職人による手作業で行っています。

遠目でつくる木炭は樫の黒炭です。

原木はもちろん、製造工程で焚きつける火にも人工的な物質を混ぜません。
しっかりと炭化された木炭は炎を上げることなく熾き火(おきび)になり、
煙や匂いをほとんどだしません。

遠目の木炭は炎を上げることなく煙や匂いをほとんどだしません。

できあがった炭は、食材を焼いても安心安全に使用でき、焦がす心配も少なくなります。
また、家の中で料理に使用したり、
暖を取ることができます。【換気は必要です】

遠目でつくる木炭は樫の黒炭です。
黒炭は備長炭などの白炭に比べて火を熾(おこ)しやすく爆(は)ぜにくいという性質があります。

樫は炭材とする原木では最も上質で堅く、遠目ではアカガシとシラカシで炭づくりをしています。

遠目ではアカガシとシラカシで炭づくりをしています。

周辺の天然林で採れる樫を原木としていますが、
特に遠目の山で採れるアカガシは目詰まりが良く幹の密度が高いため、
火力も強く火持ちのいい炭となり重宝されています。

それが遠目の木炭です。