» PRODUCT(製品紹介)

遠目の木炭

遠目(とおめ)とは長崎県の大村湾に面する東彼杵(ひがしそのぎ)町の
山林地域にある集落の呼称です。

遠目では、天然林の樫を切り出すところから、
木炭を袋詰めするまですべて職人による手作業で行っています。

遠目でつくる木炭は樫の黒炭です。

原木はもちろん、製造工程で焚きつける火にも人工的な物質を混ぜません。
しっかりと炭化された木炭は炎を上げることなく熾き火(おきび)になり、
煙や匂いをほとんどだしません。

遠目の木炭は炎を上げることなく煙や匂いをほとんどだしません。

できあがった炭は、食材を焼いても安心安全に使用でき、焦がす心配も少なくなります。
また、家の中で料理に使用したり、
暖を取ることができます。【換気は必要です】

遠目でつくる木炭は樫の黒炭です。
黒炭は備長炭などの白炭に比べて火を熾(おこ)しやすく爆(は)ぜにくいという性質があります。

樫は炭材とする原木では最も上質で堅く、遠目ではアカガシとシラカシで炭づくりをしています。

遠目ではアカガシとシラカシで炭づくりをしています。

周辺の天然林で採れる樫を原木としていますが、
特に遠目の山で採れるアカガシは目詰まりが良く幹の密度が高いため、
火力も強く火持ちのいい炭となり重宝されています。

それが遠目の木炭です。